第33回「ギックリ腰2発」

2013.10.02(WED) UP

どーもみなさん。

ギックリマンをご存じでしょうか?
小学校の時流行ったロッテのシール・・・ではないです、
あれです、あれ、くしゃみしたらPOWって腰が変になるやつです。
噂には聞いていましたが、とんでもないことになるんですね。ぎっくり腰って。

私の場合、寝る前のことでしたが、1歳と2カ月になる娘がヨチヨチしているときに壁に激突しまして・・・慌てて抱きかかえたときにPOWです。なんとか這ってベットまで行き、そのまま3日間動けませんでした。とにかくこれはすごいです。
とにかく歩けるようになってからも、くしゃみひとつで地獄のような苦しみです。電車に乗ってもちょっとした揺れが恐ろしいし、人ごみに出ても、人とぶつかりたくない、しかし、人はどんどんぶつかってくるわけです。
大阪の梅田の街にいる人全員がゾンビに思えましたね。ひとりバイオハザードでした。

そして、電車に乗っていた時ですが、新大阪でお年寄りの団体様が乗ってまいりました。
これは、気まずい。とはいってもギックリが厳しい。とか思っているうちに団体様に囲まれる形になりました。

「すみません。・・ギックリ腰になっていまして・・・」

罪悪感からお断りをしたのですが、おじいさんは陽気に

「兄ちゃん、若いのにギックリやって~」

と指を刺されて笑われ、団体様全員に伝言ゲームのようにして伝わっていきました・・・。
これは、ちょっと恥ずかしかったですね・・・。

そんな中、事故から1週間後、ライブまでありましたよ。
カクカクした動きでなんとかやりましたが・・・

いやー、しかし、もう二度とこんな思いはご免だと、私、はりきります。
20日くらい経って、だいぶ元気になったので、まずは、ウォーキングから。とにかく無理のないように「チョロい」レベルから始めます。

そして、ストレッチ。

医者もそろそろストレッチ始めましょうかといってたし、ここからじっくり鍛え直していかんと、度々ギックリマンになっている場合ではないのだ。
と、決意も新たに前屈したときのことです

POW

です。
癖になるとは聞いていましたが、こんな、簡単になる?

で、病院に行きましたら「こんな短期間で2回もする人初めて見た」と先生もちょっと笑っておる。
おい!ストレッチしろいうからやったのに、どういうこっちゃ!

で、今もまだカクカクした動きで生活しているわけですが、

ぎっくり腰になって良かったことが3つあります。

1. 歩いているだけでウケが取れる
2. キャッチーな営業トークができる(相手がギックリ経験者の場合共感度100倍)
3. お年寄りをより大切に思える

最後のはとても肝心です。
ウチのばあさん、毎日大変やったんやなあと思いました。
ぎっくり腰って、一足早くお年寄りの体験が出来たようなものです。

こう言うと、本当は、お年寄りの方々に失礼なのかもしれないとは思いましたが、
しかも、電車でお年寄りを目の前に笑われましたが、

もっといたわりの心が芽生えました。

今日の教訓は、「何事も経験して、わかる。」です。

皆さんも、気をつけなはれ!

それでは、ごきげんよう。

コメント / トラックバック3件

  1. てんはな より:

    ギックリマン、ファイトヽ(´▽`)/

  2. たむ より:

    トクダさんのそういうところ、好きなんです。
    ギックリ腰なんて大変なことを、ギックリマンとかPOW!とか。POW!て(笑)(笑)(笑)

    私もそういう風に生きていけたらいいなあ。
    あ!でも、大阪来てからだいぶ変わりました。何でもウケ優先、むしろ何事もウケればオッケー!みたいな(笑)

    大阪って、スゴい!←次のテーマはこれでお願いします(笑)

  3. ふぅすけ より:

    優先席はぎっくり腰の人も優先して座れるように国交省へ働きかけねば!

コメントをどうぞ


ページの先頭へ