第32回「マジカルナンバーセブン」

2013.07.30(TUE) UP

どーもみなさん。

忙しい人、いますか?は~い!は~い!それ、わたしでーす。
おかげさまで、毎日、毎日、それは、それは、馬車馬のように働いたり、遊んだり、寝たり、ライブしたり。・・・楽しくいきています。

いえ、今日は、そういうお話ではなくて・・・毎日を忙しく生きていると、増えませんか?あれです、あれ、えーっと、あれです・・・なんだったっけ?・・えーっと・・そう、物忘れ!

まさに、「物忘れ」という言葉さえも「物忘れ」してしまいそうでしたが、年々それが増えるのは、もう、年なのかなのかと落ち込んでしまいます。
しかし、ご安心ください。脳科学の先生が「大丈夫」とおっしゃっていました。
物忘れが多いのは、年なのではなく、なんと「忙しい」からなんだそうです。

「マジカルナンバーセブン」というカッコイイ言葉がございます。
これは、アメリカ人のジョージ・ミラーという人が発見したもので「短期記憶は20秒保持されて、だいたい7つまでしか覚えられない」んだそうです。
小難しい話はすっ飛ばしてします。ざっくり言うと8人からいっぺんに自己紹介されると、一人目をもう、すっかり、忘れてしまうのです。
わかる。わかる。そう、なる、なる。なんなら3人目ぐらいから、わからんなる。

早い話が、忙しいと何個も情報をインプットします。そして、次々に忘れていくのです。
面白いことに、この「7」という数、個人差がほとんどなく、みんなできても9くらいまでなんだそうです。
いいですね~。こういう情報。
なんか、全部、これのせいにしてしまいそうですね。

ところで、この7という数字、ジョージ・ミラーが発見する前から、体感的にわかっていたような気がしませんか?
1週間が7日なのは偶然でしょうか?
7福人が、8人じゃないのも、それ?
世界の七不思議も?
ラッキーセブンは?
キリスト教の「大罪」も7ですね。
セブンイレブン・・・は、関係ないか。

とにかく、8にすると覚えられないということでしょうか?

そう言えば8って数字は「たくさん」という意味合いがありますね。
八百万(やおよろず)も八百屋(やおや)も「たくさん」という意味です。
これは偶然じゃない気がしてきました。

1,2,3,4,5,6,7・・・で、えーっと、あとは、いっぱいでいいや!

いかがでしょう、みなさま。
これは良いことを知りました。
7つ以上覚えられないのなら、もう、覚えようとしなくていいのです。
こんな都合の良い発見はなかなかございません。

しかし、
あくまで、短期の記憶ですから、きちんとすれば人間はいろんなことを記憶できます。

最後に、脳科学の先生が言っていた記憶に残すためのコツで終わりたいと思います。

記憶に残したいことは、その日に行ったん覚えて、その日から7日目にもう一度おさらいすると効果がかなりでるそうです。

ここにもでてきました。
「7」

なんだか、不思議です。

それでは、ごきげんよう。

コメント / トラックバック1件

  1. みゆ より:

    徳田さんこんにちは!
    今回も凄くためになるお話ありがとうございます(◎o◎)

    私の脳に全くなかった知識が入りました(゜∀゜;ノ)ノ
    キーワードは『7』なんですね!!!
    言われて見ればどうしてか分かりませんが7には不思議な魅力を感じるように生きて来ました☆北斗七星を見つめたり七夕と言って祭りに行きます!
    7月産まれの私は7が大好きです♪
    年のせいじゃなくて私…忙しかったんですね(笑)
    徳田さんのこのblogを7日後にまた拝見しに来て記憶しま〜す(*^o^*)

コメントをどうぞ


ページの先頭へ